埼玉県(ガリガリ君県)

埼玉県といえば「ダサイタマ」などと揶揄されるようにうっかりすると東京の北に拡がる農村地帯という漠然とした印象しかありませんが、交通網からしても、イメージからしても、むしろ、東武県と西武県のふたつの県からなるとみると前向きのイメージが浮かび上がってきます。

 

「東武県」にあっては、県庁所在地の浦和のほか、大宮、与野はひとつの都市圏を形成しており、これらを大合併して政令指定都市とする話し合いが進んでいます。

 

とくに、武蔵国一ノ宮である氷川神社のある大宮市は東北、上越、北陸新幹線の要衝であり、しかも、かつての国鉄用地の再開発によってできる副都心に各省庁の関東支分局が移転することになりました。

 

川口は人口45万人で浦和や大宮と肩を並べる県下最大級の都市です。鋳物工業が盛んで、かつて吉永小百合主演の名画として話題になった『キューポラのある町』の舞台でもあります。

 

行田市には石田三成による水攻めでも知られる忍城があり、徳川家康の娘亀姫の血を引く松平藩10万石の城下町。「さきたま風土記の丘」として整備されている古墳群のひとつ稲荷山古墳からは鉄剣が出土して雄略天皇の時代にこの地の豪族と大和朝廷の交流があったことをドラマティックに証明しました。

 

武蔵野の雰囲気をよく残すところも少なくなりましたが、そうした面影を求めたければ滑川町の国営武蔵丘陵森林公園がおすすめです。

 

「西武県」には歴史的な都市や名所旧跡が多くあります。川越市は県内で最大の石高を誇る松平氏17万石の城下町。越前松平の分家ですが、幕末に前橋に移りました。

 

江戸とも新河岸川を通じて水運で結ばれ、徳川家康の関東移封の際に本拠地の候補のひとつとされたともいわれる内陸の要地です。

 

土蔵づくりの家並みが並ぶ町並みが魅力的で江戸情緒の町などといわれますが、実際には明治の大火のあと建てられました。京都の産寧坂などでもそうですが、江戸時代の民家はそれほど立派なものでなく、明治になって産業が発展してから各地の立派な町並みはできたのです。

 

所沢市は西武鉄道の新宿線と池袋線の結節点で、西武鉄道の本社もここに置かれ、西武ライオンズの本拠となってから全国的にその名が知られるようになりました。

 

秩父はセメントの町であると同時に12月3日の秩父夜祭りで知られています。東照宮のように豪華な6台の屋台が練り歩き、祇園祭、高山曳山祭りと並ぶ日本三大曳山祭りという人もいます。

 

そこから荒川を少し下った長瀞は東京に近いところで気軽に楽しめる渓谷下りが人気。 玉県人は都市近郊の内陸地域らしく比較的、温和で親切だとされます。所ジョージ、本木雅弘、小宮悦子に久米宏といったテレビの人気者が郷土の有名人です。